日々のケア 子どもの視力

子どもの視力低下は、親にも責任がある!?

更新日:

視力低下でお悩みのお子様(小学・中学・高校)をお持ちのお母様へ

親がメガネを掛けているので、ひょっとしたら子供にも遺伝するのではないか?
あるいは
学校の身体検査で「視力がまた下がっちゃった」とお子さんに知らされ、
子供の近視が気になっているお父さん。お母さん。

子供の近視は親にも責任が
あることを再認識して頂きたいのです。

正常な視力がなければ、背負わなくてもいいようなハンデキャップが、数多くあるはずです。

学校で、家庭で、そして友達関係においても、たくさんのマイナスが生まれます。
集中力がなくなって成績が下がった!引っ込み思案な子供になった!
運動嫌いになった!と様々な障害が認められています。

『メガネをかけていればいいじゃないの』と簡単に考えているとしたら、

そのお母さんは、眼が子供の
体と心に重要な関係を持っていることを知らない、愚かな母親としか言いようがありません。

『メガネをかければ平気よ』『まだ黒板の文字が見えるから大丈夫よ』などと
子供の眼を簡単に考えないほうがいいですよ。

メガネは眼にとって『ギブス』の
役目しかなく、メガネは見る道具であって決して治療はしないのです。

確かにメガネをかければ、見えるようになりますが本来の眼の異常は治るのでしょうか?

メガネをかけ始めると度が進んだという人は多いですよね。
できるなら、裸眼で
ちゃんと遠くも近くも正常に見える方がいいですよね。

-日々のケア, 子どもの視力
-, , , , , , , , ,

Copyright© フタワソニック - 株式会社東和総合研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.